きよく、かしこく、うつくしく☆

カラーコーディネーターMERUMO☆きよく、かしこく、うつくしくなるための生き方や方法を紹介します!

簡単おいしいりんご天ぷら🍏薬膳レシピ

私が手作りで持参している薬膳弁当♡レシピ紹介 NO.2
簡単おいしいりんご天ぷらです。
イメージは、アップルパイ…食感は、衣はサクサク、中身はやわらか
アツアツで食べると止まらない後ひくおいしさです。
f:id:MERUMo:20190413100148j:plain
数ある私の創作レシピの中でも、お子様から大人まで喜んで食べてもらえている人気メニューです。
先日、ツイッターで投稿したところとても反響が多かったので、私流のちょっとしたコツをお伝えいたします。
体に良いだけでなく、簡単でおいしく普段料理をしない男性でも簡単に作れるメニューがほとんどですので是非、作ってみてください。
おやつお弁当にもピッタリのレシピです。かしこい奥様ぜひお作りください(^-^)

レシピNO1はこちら
www.kiyokukashikokuutsukushiku.work




りんご天ぷら🍏薬膳効果♡

・りんごは、『1日1個食べると医者いらず』と言われるほどの食材です。便秘解消美肌作りに効果があり、アンチエイジングにも有効!また二日酔いや心の働きにも効果があるといわれ不安感や焦りに効きます。
・サンザシ(山査子)は、姫りんごに似た形をしている強烈な酸味を持つ果実です。欧米では強心作用や血液循環を高めるハーブとして用いられています。漢方では、消化不良や、生理不順の症状に処方されます。現在は、ダイエット効果コレステロール値を下げる、がん予防にも作用が認められています。
f:id:MERUMo:20190413100433j:plain

材料(4人分)♡

・りんご 2こ
・サンザシ(粉末) 小さじ1ほど
・小麦粉、片栗粉(市販のてんぷら粉が簡単でおすすめ) 適量
・水 適量
※粉と水の割合は、粉1に対して水0.5ぐらい
・オリーブオイル 適量(ごま油など香りが強いものでなければ、どんな食用油でもOK)

作り方♡

1. りんごは水で洗う
2. りんごを薄切りにスライスする(皮はむかないこと)
f:id:MERUMo:20190413100234j:plain
3. 粉と水を混ぜる
4. サンザシを入れてさらに混ぜる
f:id:MERUMo:20190413100309j:plainf:id:MERUMo:20190413100342j:plain
5. りんごを4に入れてよく絡める
6. 180度の油(オリーブオイル)に5のりんごを入れていく
f:id:MERUMo:20190413100413j:plain
7. 衣が若干色目がついたら、ザルかクッキングペーパーなどにのせて油切りをする
8. お皿に盛りつけて、出来上がり♪
f:id:MERUMo:20190413100740j:plain

作り方ポイント💛

1. 私は、小麦粉に片栗粉(多め)でてんぷら粉を作ります。卵は使いません。
片栗粉多めのほうがさくさく感ができます。
2. 油は、オリーブオイルがおすすめですがどんな食用油でもOKです。(ごま油以外)
3. 油は、少なめにしてりんごが半分ぐらい油につからない程度で揚げましょう。このほうが、カラッと挙がるのですよ(^_-)-☆

材料購入方法♡

サンザシなどは、ハーブショップや漢方薬局でも販売しています。
もちろん、インターネットでも購入できますが、品質のいいものを選びましょう。
漢方薬局が運営する通販サイトもありますよ。

参考文献
『増補新版 薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖』
監修 横浜薬科大学准教授 喩静 
管理栄養士・国際中医薬膳管理師 植木もも子