きよく、かしこく、うつくしく☆

カラーコーディネーターMERUMO☆きよく、かしこく、うつくしくなるための生き方や方法を紹介します!

【みんなが作れる】簡単・おいしく変身ミックススパイスの作り方☆薬膳

料理には食材を引き立てるスパイスが必需品ですよね。
このひと振りで、さらに味が深まりおいしくなるそんなミックススパイスを自分でブレンドして作ってみましょう。
好きな割合でブレンドするだけなので簡単!にもかかわらず自分好み、薬膳効果のあるスパイスを紹介します。

食欲増進効果!七味唐辛子

・唐辛子
・けしの実
・粉山椒
・黒ゴマ
・陳皮
・青のり
・麻の実

日本のミックススパイスも自分の好きな割合でオリジナルブレンドを作ろう

《カレー粉》
・七味唐辛子の材料
・コリアンダー
・クミン
・カルダモン
・ターメリック

七味唐辛子の材料に4つのスパイスをブレンドすればオリジナルカレー粉の出来上がり!
両方とも食欲のない時に取り入れてみてください。

消化を促す効果!五香粉

・八角(スターアニス)
・花椒
・丁子(グローブ)
・シナモン
・フェンネル
(甘い香りと苦みを持つハーブ。肉の臭みけしに使われるだけでなく、化粧品や医薬品にも利用されている。)

中華料理らしい味に仕上がるのがこの五香粉。
肉料理や炒め物によく合いますよ。

フランスのミックススパイスで本格的な味に!

《キャトルエピス》
・カイエンヌペッパー(とうがらしの一種)
・グローブ
・シナモン
・ナツメグ

※キャトルは、フランス語で4つのという意味

ハムやソーセージに一振りしてみると、ぐっと本格的な味に変身!!

ハーブ・スパイスの役割

ニンニクやショウガ、ミョウガなどの薬味は、薬のように体に効くいい成分が多く含まれています。
ハーブやスパイスも西洋版の薬味のことです。
漢方薬の原料になっているものも多く薬膳には欠かせないものです。

※薬膳については
https://blog.hatena.ne.jp/MERUMo/merumo.hatenablog.jp/edit?entry=10257846132682634841
を参照
特有の香りで食欲増進、胃液の分泌を活発にして消化を促すなどの効果があり、さらに少量で料理をおいしく引き立てるのです。塩分の取りすぎも防げるので、ぜひ活用してください。

スパイスミル
スパイスを挽くのにスパイスミルがあると便利です。
インターネットでも2000円ぐらいのものから8000円ぐらいのものまで幅広く売られています。自分のお気に入りのミルを探してみるのも楽しいですよね。
もちろんすり鉢で使う分だけ挽いてもOKです。

漢方の食材は、ナツメグやシナモンは大手スーパーマーケットでも簡単に手に入ります。
中華食材店にはたいていの漢方の食材はそろっていて、インド食材店はスパイスがそろっています。
インターネットでも購入できますが、品質のいいものを選びましょう。
漢方薬局が運営する通販サイトもありますよ。


参考文献
『増補新版 薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖』
(監修 横浜薬科大学准教授 喩静 
管理栄養士・国際中医薬膳管理師 植木もも子)