きよく、かしこく、うつくしく☆

カラーコーディネーターMERUMO☆きよく、かしこく、うつくしくなるための生き方や方法を紹介します!

冷え性と低体温は違う?体温を上げよう♡

みなさん、冷え性と低体温って同じだと思っていませんか?
体が冷えているというと、「冷え性」と思われがちです。
しかし、冷え性と低体温って同じじゃないのです。
冷え性の人が低体温とは限らず、低体温の人が冷え性とは限らないのです。

じゃあ、冷え性と低体温って何が違う??って思いますよね。

低体温とは

低体温の人は、体内に熱エネルギーを作れない状態にあります。
体の表面だけでなく、体内(内臓周辺の温度)も36.0℃以下の状態です。

体の内部が冷えている症状

・顔がほてっているのにおなかは冷たい
・鼻の頭が赤い
・歯茎の色が濃い
・唇が紫色っぽい
・目の下にクマができている
・青あざができやすい
・痔による出血
・クモ状血管腫
・下肢静脈瘤

冷え性とは

冷え性の人は、体内の熱エネルギーは作れていて体の内部温度は37.0℃を維持していることもあるし、熱エネルギーが作られていないこともあります。
自覚、他覚的に寒いとか冷たいと感じやすい体質のことなのです。

冷え性の症状

・手足の先が冷える
・肌が荒れる
・頭が痛い
・寝付けない
・女性には生理痛、不順

つまり低体温とは、体の内部までが冷えてしまっていることです!
低体温、冷え性はデメリットばかりですよね。

このデメリットは体調・美容・メンタルだけでなく頭脳の働きまで鈍くします。
逆に体温を1℃上げれば、メリットにかわるのです。
低体温のあなたは体質改善をして、体温を上げるよう試みてください。

低体温になりやすい生活習慣

・甘いもの好き
・冷たい飲み物
・食材を気にしない
・睡眠不足
・運動不足
・朝食を抜く
・シャワーだけで済ませる
・極端なダイエット
・ストレスが多い
・痛み止め、解熱剤の服用が多い

体温を上げるためにするといいこと

・ミネラル、ビタミンを摂取(旬の野菜・食材)
・冷たいものの取りすぎに気を付ける
・タンパク質の摂取
・お風呂にゆっくりつかる(シャワーのみはNG)
・タバコは急激に血管を収縮させるので控える
・適度の運動(エレベーターから階段にかえる、姿勢を正すだけでも違います)

冷え性、低体温ともに原因は何気ない生活習慣です。
自律神経のバランスを崩す生活を振り返り改善してみるといいですね

参考文献
『体温を上げる決定版健康法』(体温解説監修/川嶋朗異学博士 日本れホルム連盟体温管理士会編)